コンテンツの配信方法について

デジタルサイネージは運用の種類や方式によって大きく3種類に分けられます。導入の規模、運用の形態、予算によって最適なプランを選択する必要があります。これをしっかり理解せずに導入にしてしまうと、「イメージと違う」「予想より効果が見込めない」といった問題が発生してしまいます。ジェネックスでは「スタンドアローン型」「ネットワーク型」「インタラクティブ型」全ての形式に対応していますので、、お客様に最適なプランをご提案させていただきます。

①スタンドアローン型

ネットワークに接続せず、USBやSDカードにコンテンツ(デジタルサイネージに表示する画像・動画など)を入れて、デジタルサイネージで再生させる方式です。コンテンツの更新が頻繁でない場合や設置箇所が一か所の場合に最適です。機材の構成も非常にシンプルなため、最も手軽に導入できます。

【メリット】
・STB(配信コントローラー)を使用しないので低コスト
・専用の配信ソフトの導入が不要

【デメリット】
・コンテンツの更新は現地で行うので、更新作業に手間がかかる
・複数台や複数拠点での運用には更新に手間がかかるため向いていない

【設置に適している所】
・一店舗での導入、小規模店舗での導入
・比較的商品サイクルが長い商材を扱っている店舗内での利用
・社内でのマニュアル表示や作業手順の表示
・一般向け工場見学の案内での利用

②ネットワーク配信型

スタンドアローン型はネットワークに接続されていませんが、ネットワーク型はネットワークに接続して運用します。例えば、複数箇所にあるデジタルサイネージの表示内容をインターネット経由で一括更新することができます。チェーン店等複数店舗での導入や時間や日付によってコンテンツを頻繁に入れ替えるなどの運用に適しています。機材の構成は管理用パソコンや表示用コントローラー(STB)などが必要になるため導入の費用はスタンドアローン型に比べて高額になります。

【メリット】
・遠隔でコンテンツを更新できるので、更新作業が簡単
・複数のサイネージの一括管理が可能

【デメリット】
・管理用PC・表示用コントローラー(STB)等の機材を準備する必要がある。
・ネットワーク回線使用料(VPN構築など)が発生する。

【設置に適している所】
・比較的中規模の施設
・チェーン店などでの利用(複数店舗)
・遠方に設置された端末へ配信

③インタラクティブ型

インタラクティブ型も、ネッワーク型同様にネットワークに接続して運用します。いたします。インタラクティブ型ではタッチパネル機能やモーションセンサーなどを搭載しており、ユーザーとコミュニケーションをとることが出来るデジタルサイネージです。
コンテンツ自体は、クラウド上に設置する場合と各端末が保持する場合の2つのパターンに分かれており、コンテンツの内容やボリューム、運用形態に合わせて設計します。ネットワークに接続すれば、ネットワーク型同様複数のデジタルサイネージのコンテンツを一括更新ということも可能です。

【メリット】
・膨大な情報を表示する事が可能(各種案内、多言語表記)
・ユーザー(お客様)の必要な情報を取得できる。

【デメリット】
・タッチパネル対応ディスプレイが高価である。
・管理用PC・表示用コントローラー(STB)等の機材を準備する必要がある。
・ネットワーク回線使用料(VPN構築など)が発生する。

【設置に適している所】
・タッチパネルでユーザー自身が情報を取得できる
・フロアマップの表示
・観光地での多言語切り替え表示
・不動産物件の切り替え表示