Digital Signage

デジタルサイネージ事業

デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージ(電子看板)とは店頭などで液晶ディスプレイなどの表示装置を用いて情報を発信するシステムを総称して 「デジタルサイネージ」と呼びます。例えば店頭でメニュ―などを表示させるなどして販促に活用できるほか、動画コンテンツの配信や、外国人観光客に向けて多言語(英語、中国語、韓国語)での音声案内も可能です。最近では電車や駅で屋外広告を表示する媒体として普及しています。また、飲食店では画面上の料理のメニュ―をタッチすると、生産者情報やカロリーの情報を表示させるといった運用も可能です。

デジタルサイネージの特徴

豊かな表現力

画像・音声・動画などインパクトの高い映像を配信できます。設定した時間で自動的に画面が切り替わるので、従来のポスターに比べ効果的なPRが可能です。

キレイで明るい液晶

シャープ製の高画質パネルを採用しており、明るく高精細なコンテンツを配信することができます。タッチパネル対応ディスプレイもご用意しています。※ご要望に応じてPanasonic製もご用意できます。

ペーパーレス化

一度に最大約100枚以上のコンテンツをUSBメモリに収録可能。紙が不要なので環境にやさしく、掲示内容を入れ替える手間も省けます。

簡単スケジュール管理

ディスプレイに表示するコンテンツを24時間365日スケジュール管理できます。飲食店であれば、昼はランチタイムメニュー、夜はディナーメニューと時間帯に合わせて表示内容を自動的に切り替えることが可能です。

遠隔データ更新

コンテンツ制作・番組構成・配信管理などを一括で管理できるため、コストを抑えた効率的な運営ができます。また、複数のデジタルサイネージを本社で集中管理することも可能です。
※別途専用の配信ソフトが必要です。

タッチパネル対応

タッチパネルサイネージにも対応しています。タッチパネルを用いてユーザーが自由に操作しながらコンテンツを表示させることで、より情報量の多いコンテンツ表示が可能になりました。弊社ではタッチパネル観光案内の導入実績がございます。

様々な業種で活躍しています

カーディーラー・展示場

ホテル・旅館

オフォス・会社受付

病院・薬局

イベント・展示会

商業施設・映画館