ウェブサイト制作

ウェブサイトは今や販促に欠かせない存在となっていますが、制作には多額の費用がかかることから開設していない店舗や事業所様まだ多くあるようです。ジェネックスでは、創業間もない方や低コストで作成したい方向けにホームページを提供しています。もちろんスマートフォンに対応。デザイン性や検索エンジンSEO対策もばっちりです。
また、難しいと感じるドメインやサーバーの設定、諸手続きの代行などホームページ運営に関するサポートを総合的にサポートしています。これらのサービスがセットになって30万円(ライトプラン)から提供しています。

ホームページを作るときの不安

こんな不安(悩み)はありませんか?

これから起業、開業、店舗オープンされる方

費用を抑えながらも、ある程度しっかりしたサイトを作りたい方

ホームページを作りたいが誰に頼んだら良いか分らない

ジェネックスのサービス

低価格でのホームページ制作

ユーザー視点に立ったレイアウト設計(スマホ対応)

ホームページ作成後のアフターサポート

ジェネックスホームページの特徴

おしゃれなデザイン

ユーザー視点

スマートフォン対応

かんたん更新機能

低価格

スマホ対応でおしゃれなホームページ

ホームページを作るならスマホ対応といっても過言ではありません。

保守管理費は一日170円から!!

ホームページの費用は制作費用+保守管理費の合計金額です。
制作費用が安い場合、保守管理費が高い場合があります。逆に制作費用が高額な場合保守管理費が抑えられている場合もあります。

プラン(料金)について

ホームページ料金表

シングルページ ライト スタンダード
¥180,000/(税別) ¥300,000/(税別) ¥600,000/(税別)
1ページのみの商品紹介ページ(ランディングページ等の制作) 始めてホームページを制作される場合におすすめのプランです。コストを抑えながらもホームページは開設したいお客様向けです。 情報を充実させたホームページを作りたい方におすすめのプランです。ジェネックスのホームページがスタンダードプランのイメージです。
・テンプレートデザインで制作
・5ページ分のコンテンツ
・スマホ対応デザイン
・テキストはお客様で準備
・WordPressで構築
・テンプレートデザインで制作
・10ページ分のコンテンツ
・SEO対策
・スマホ対応デザイン
・テキストはお客様で準備
・WordPressで構築
シングルページ ¥180,000/(税別) 1ページのみの商品紹介ページ(ランディングページ等の制作)
ライト ¥300,000/(税別) 始めてホームページを制作される場合におすすめのプランです。コストを抑えながらもホームページは開設したいお客様向けです。 ・テンプレートデザインで制作
・5ページ分のコンテンツ
・スマホ対応デザイン
・テキストはお客様で準備
・WordPressで構築
スタンダード ¥600,000/(税別) 情報を充実させたホームページを作りたい方におすすめのプランです。ジェネックスのホームページがスタンダードプランのイメージです。 ・テンプレートデザインで制作
・10ページ分のコンテンツ
・SEO対策
・スマホ対応デザイン
・テキストはお客様で準備
・WordPressで構築

制作事例

レスポンスデザインとは?

ホームページをPCとスマートフォンそれぞれに対応(最適化)させるには、PC版サイトと、スマートフォンサイトを別々に用意し、サーバー側で閲覧者のユーザーエージェント(OSやブラウザ)を判別して、表示するサイトを振り分けるというやり方が一般的でした。

これに対し、ユーザーエージェントによる振り分けは行わず、閲覧者のブラウザの横幅に応じて、最適なレイアウトに変化するよう設計するやり方が、「レスポンシブウェブデザイン」です。
これにより、PC、タブレット、スマートフォンそれぞれに適したレイアウトが表示されるようになります。

レスポンシブウェブデザインのメリット

単一ファイルなので、メンテナンスが楽!

PC、スマホの2サイト運用の場合、それぞれのHTMLファイルを更新しなければいけたいため、作業も単純に2倍になりますし、作業上でのミスのリスクも増えます。
これに対し、レスポンシブウェブデザインは1つのHTMLファイルを更新すればよいので、運用後の更新作業において、時間、コストの削減ができます。

コンテンツ内容に一貫性が保てる

すべてのデバイスで統一のデザイン、コンテンツ内容のため、複数のデバイスで見比べた場合でも違和感が少なく、閲覧者の混乱を防ぐことができます。

統一URLなので、SEOにも効果的!

たとえば、「サービス案内」というページがPC用とスマホ用とで2つあった場合、検索エンジンはサイトの構造を把握するのに迷ってしまいます。その点で、統一URLは検索エンジンに対しても非常にわかりやすい構造です。また、googleは現在、レスポンシブウェブデザインでのサイトの構築を正式に推奨しています。